未分類

髪を乾かす時のタオル

女性であれば、髪を乾かす用、顔を拭く用のタオルなど分けている方も多いと思う。

髪を乾かす時にオススメのタオルは吸水性が高く柔らかい素材のタオルだ。理由として柔らかい素材であるため、髪を傷つけないこと、吸水性が高く、ドライヤーの時間を短くできることが挙げられる

正しいタオルドライのポイント

①タオルで拭く前に水分を落とす

髪が完全に濡れている状態でタオルドライを初めてしまうと、水分が多すぎてタオル1枚では収まらない。タオルドライの前に軽く両手で挟みキューティクルの向きに合わせて根元から毛先へと優しく水分を取ってあげよう。

髪の毛をギュっと握ったり、絞るようにすると、髪が傷ついてしまうので要注意だ。

②根元からタオルで拭いていく

根元の水分を拭き取らないと、拭いたつもりでも後から水が垂れて来ることがあるのでまずは根元から乾かそう。この時にもタオルで押さえるように優しく拭いていくことがポイントだ。

③中間から毛先に向けて拭いていく

根元の水分を取ったら中間から毛先に向けて水分を取っていこう。この時も髪の毛を挟むように優しく水分と取り除こう。

タオルドライについてはガシャガシャ激しく拭くのではなく、優しく押さえるように拭いてあげることがポイントだ。そのため、硬くてしっかりしたタオルよりも、柔らかい素材で吸水性の高いタオルがオススメだ。

髪を乾かすときにオススメのタオル

西川産業:ムースパフ

ふとんの西川が作っている「ムースパフ」というタオル。

『ちょっと、おどろき。』をテーマにふっくら感と高い吸水性を実現している。柔らかと吸水性はもちろんだが、デザインが少し可愛らしいので、女性にもオススメのタオルだ。個人的にオススメなのは両面がパイル地になっているシリーズ。ムースパフを使った後に普段のタオルを使うと違いがはっきりとわかるだろう。ふっくら感も長く継続する印象。実は洗うたびにふっくらするという特殊な仕掛けもあって使うことが楽しみになるタオルだ。

オンラインショップURL:https://www.nishikawasangyo.co.jp/brands/moussepuff/items/

東京西川:moussepuffより引用

おぼろタオル:専髪(せんぱつ)タオル

タオルの三大生産地と呼ばれている三重県津市で作られているおぼろタオル。おぼろタオルの中でも髪専用のタオルが販売されている。

髪を美しく保ちたい女性の為に、限りなく髪への負担が少なくなるよう「吸水スピード」と「吸水量」にこだわったタオル

ガシャガシャ拭かず、優しく押さえるだけで水分をしっかり吸ってくれる。タオルドライに向いているタオルだ。また、通常のフェイスタオルよりも少し長めに作られているのでロングヘアの人も使いやすい。

オンラインショップURL:https://oboro-towel.jp/SHOP/obr00026.html

おぼろタオルオンラインストアより引用

無印良品:綿パイルフェイスタオル

無印良品から販売されているタオル。790円という値段ながら肌触りもよい。ムースパフと比べると、少し吸水性はやや劣る気はする。しかし、価格が1,000円ほど安いので気軽に試せるので一度使って見て欲しい。厚手、中厚手、薄手とあるが、吸水性を求めるのであれば厚手がオススメ。個人的には乾くまでの必要とする時間も長くないと感じた。

無印良品オンラインストアより引用:

以上、今回は髪を乾かすときにオススメのタオルを紹介した。髪を乾かすのに時間が掛かる。というお悩みを持っている方はぜひ試して欲しい。