未分類

タオルの種類

一言にタオルと言っても色んな種類がある。パイル地、ワッフル地、ガーゼ地など。簡単に特徴を述べるのであれば、パイル地は「ふわっとした肌触り、吸水性が良い、」、ワッフル地は「さらっとした肌触り」、ガーゼ地のタオルは「軽くて柔らかい」。

それぞれの特徴について詳しく書いていく。

パイル地タオルの特徴

パイル地のタオルは一番よく見かけると思う。また糸がループ状になっており、ふわっとした肌触りで吸水性が高いことが特徴だ。初めて良いタオルを買うのであれば、まずはパイル地を試して欲しい。

注意点としては一番最初は厚すぎるタオルを選ばないこと。

厚手のタオルが吸水性も高く、高級感があるので選びがちだ。もちろん、高級感を味わいたい。分厚いタオルで体を拭きたい人にはオススメだ。

しかし、パイル地で質の高いタオルというのは吸水性が高いので厚手のタオルじゃなくても水分をしっかり吸ってくれる。

厚手のタオルは糸を使う量も多く、洗濯する際に乾きにくい、重いという特徴があるので使うのが億劫になってしまう可能性がある。まずは厚すぎないタオルを選び、気軽に使って欲しい。と個人的には思う。

パイル時のタオル
今治タオル公式オンラインショップから引用

ワッフル地のタオル

ワッフル地のタオルは凸凹した生地であることが特徴だ。生地が凸凹しているため、接地面が少なく、さらっとした肌触りが特徴だ。吸水性はパイル時と比べると低くなる。

暑い時期にはさらっとした肌触りで拭くことでき、心地よいため、おすすめ。

ワッフル時のタオル
今治タオル公式オンラインショップから引用

ガーゼ地のタオル

ガーゼ地のタオルは「薄くて柔らかい」これが特徴だ。また、生地が薄いため乾きが良い。そのため、梅雨の洗濯物が干せない時期におすすめ。また、夏の暑い時期に使うのも心地よいだろう。

意外と見落としがちだが、片面がガーゼ地、もう片面がパイル地のタオルハンカチは男性におすすめ。男性は後ろポケットにハンカチを入れるが、パイル地だと厚くて少し、邪魔になる。またパイル地のハンカチは水分を吸いすぎて逆に乾きにくくなってしまう。ガーゼ時のタオルハンカチであれば、肌触りは柔らかく、尚且つ、薄くて乾きやすい。ぜひ試して欲しい。

ガーゼ地のタオル
今治タオル公式オンラインストアから引用

シャーリング生地のタオル

シャーリングのタオルとは表面が平らな生地のタオルだ。これはタオルのパイル地を平面になるようにカットしているため、平らな生地になっている。

シャーリング生地はプリントがしやすいため、キャラクターグッズやライブタオルに使われていることが多い。好きなデザインが印刷されているタオル際に購入されることが多いと思う。

タオル美術館オンラインストアから引用

しかし、中には高級感を感じるようなシャーリングタオルもある。例えば下記のホットマンのタオルだ。ベロア調になっていて、光沢もあり、尚且つ肌触りも柔らかい。パイル地と比べると吸水性は劣るが、この独特の肌触りは個人的に好きである。

まだ一度も触ったことがない方はぜひお店に足を運んでみて欲しい。

ホットマンオンラインショップより引用

以上、今回はタオルの生地の特徴について説明した。タオルを購入するときの参考にしてもらえればと思う。