未分類

今治タオルは何が良いのか?

日本の3大タオルは愛媛県の今治タオル、大阪府の泉州タオル、三重県のおぼろタオルと言われている。その中でも特出している今治タオル。なぜ今治タオルはこんなに人気なのか。ブランディングもあるが、「高品質でバラつきがないこと」これが根底にあると思う。

今治タオルを売るには基準が定められている

今治タオルには今治ロゴのタグがついている。このタグを付けるには特定の品質基準を満たさなくてはいけない。そのため、今治ロゴのタグが付いているタオルというのはどの商品を選んでとしても喜んでもらえる品質レベルを維持している。

例えば、タオル片を水に浮かべた際に5秒以内で沈むのか、という吸水性のテスト、洗濯した際の色落ちはどの程度か、などの基準がある。

今治タオルオンラインストアより引用

基準を満たしているため品質が保証されている

上記の通り今治タオルを販売するには基準を満たす必要がある。つまり今治タオルのロゴが付いているタオルというのは一定レベル品質が保証されている。そのため、どの商品をもらったとしても、満足する人が多い。そして口コミ、ネットで広まっていく。

今治タオルが高品質を実現できている理由

まずは豊富な水資源だ。簡単に言うと、タオルは作る際に糸を切らないように糊をつけている。この糊を良質な水で洗い流すことにより、繊維が水を吸収できるようにしている。これは今治に良質な水が豊富にあるから出来ている。

次に丁寧な製法だ。今治タオルは「先晒し先染め」製法といい、まずタオルを織るための糸を作ったら糸を晒す。晒すというのは糸を綺麗にするというイメージを持ってもらうといいと思う。綿の繊維には油分や蝋質が含まれており、この不純物を取り除くことで水を吸いやすい糸が作れる。その後、糸を染めたり、糊付けをしてタオルを織る。タオルの生地が出来上がったら次は生地を洗い、糊を落としている。

ひょっとしたら当たり前のように聞こえるかもしれないが、先に糸を洗い、さらに生地が出来上がったら洗う、2回の洗いを行なっているタオルは多くなく、この丁寧な製法が高品質の秘訣だ。また、こういった工程に手間を掛けているため、必然的に値段が上がってくる。他のタオルと比べて価格が高いのも納得できると思う。

以上、今回は今治タオルが人気な理由、高品質の秘訣に付いて書いた。

尚、今治タオルは下記オンラインショップで買えるのでぜひ使って欲しい。

今治タオル公式オンラインショップ:https://imabari-towel.jp/