未分類

タオルの毛羽落ちの原因

「タオルを洗濯したら毛羽落ちがする」という話はよく聞く。毛羽落ちの主な原因は柔軟剤と水の量による摩擦だ。柔軟剤を使うと繊維が滑りやすくなるため、他の洗濯物とタオルが擦れやすくなる繊維が抜ける。これが一つ目の原因だ。また、水の量が少ないと洗濯物が詰め込まれた状態になり、洗濯物が接しやすくなり、擦れて繊維が抜ける。

出来れば柔軟剤は使わないで欲しい

上記の通り、柔軟剤を使うとどうしても、摩擦力が強くなってしまうため、毛羽落ちがしやすくなってしまう。もし、柔軟剤を使わないでも洗濯できるのであれば使わずに洗濯することが毛羽落ちを減らせる。少なくともタオルを購入した際には使う前に一度、柔軟剤を使わずに洗濯することを心掛けてもらうと良いだろう。

また、タオルは干すときに両端を掴んで10回程度パタパタ振ってあげるとかなり柔らかくなる。これはパイルの間に空気が入り込んでくれるからだ。

多めの水で洗濯する

洗濯機の水の量が少ないのも、タオルが毛羽落ちする原因だ。洗濯物がギュウギュウに詰め込んだ状態で洗濯することで。洗濯物が擦れて毛羽落ちする。洗濯機は自動で水の量を調整してくれるが、可能であれば一度水の量を確認して、ゆとりのある状態で洗濯物が動いているか確認して欲しい。

毛羽落ちがしにくいタオル

タオルは糸を撚り、作られている。綱のようなイメージだ。一本一本の繊維が合わさって捻られている。この「撚り」が強ければしっかりしたタオルになり、毛羽落ちはしにくい。逆に「撚り」が弱い無撚糸タオルや、糸をカットしているシャーリングタオルは毛羽落ちがしやすい。

タオルの毛羽落ちについては悩みを聞くことが多い。柔軟剤、水の量、タオルの種類に気をつけてもらうことで毛羽落ちを軽減することができると思う。ぜひ試して欲しい。