未分類

「育てるタオル」が人気らしい

最近、「育てるタオル」が人気らしい。職場や友人からもちょこちょこ名前を聞く。育てるタオルの主な特徴は洗うたびにふっくらしていくという点だ。他にも毛羽落ちがしにくい、吸水性が高いなど嬉しい特徴がある。

育てるタオルの特徴

洗うたびにふっくらするとは?

育てるタオルの一番の特徴である「洗うたびにふっくらする」について記載していく。まず、下の画像を見て欲しい。

育てるタオルオンラインストアより引用

左側が洗濯前、右側が洗濯した後のタオルだ。洗濯した後の方がふっくらしていることが一目でわかる。育てるタオルでは普通の糸と、水溶性の糸をよってタオルを織っている。そのため、洗濯をすると水溶性の糸が溶け出す。一方、通常の糸は締め付けられた反動で膨張することによって、膨らんでいく。こうやって洗濯をする度にふっくらするタオルを作り出している。

※尚、水溶性の糸は環境に優しい素材なので安心して欲しい。

毛羽落ちの少ないタオル

育てるタオルは糸を強く撚っている。そのため、毛羽落ちがしにくい。(細かい理由はこちらを参考にして欲しい)

毛羽落ちがしにくいというのも嬉しい特徴だが、毛羽落ちがしないということは、糸が減らないということなので、高い吸水性を維持できるということだ。使う度にふっくらする。また、吸水性も高いという嬉しいタオルだ。

吸水性の高いタオル

育てるタオルには、毛足が長く、なめらかな高級綿が使われている。例えば、シリーズラインナップの1つ「Classic」に使われているのは、新疆綿だ。毛足の長い綿は吸水性が高く、肌触りが柔らかいという特徴がある。

豊かな時間を作る「育てるタオル」

育てるタオルが売っているのは「タオル」だけではなく、タオルをきっかけとして得られる豊かな時間だ。柔らかなタオルを顔に当てた時の心地よい瞬間、タオルを育てる楽しみ、リラックスできるバスタイム後にお気に入りのタオルで身体を拭く嬉しい瞬間。ただのタオルではなく、日々の生活を豊かにしてくれる、「育てるタオル」。自分用タオルにもプレゼント用でもオススメだ。